ERICKA NICOLAS BEGAY
エリッカニコラスビゲイ


 
1996年生まれのナバホ族女性アーティスト

ネイティブアメリカンの考え方や存在は
そのものがアメリカの歴史であり
そんな彼らの製作するインディアンジュエリーは
価値のあるものです

その中でも腕のいい若手アーティストが数多く発掘され
その技術を大切に守ってきましたが
現代ではその多くがビジネスとしての思考に
変わってしまっています

そんな中で当社オーナーが
何年もかけてやっと見つけることの出来た
Ericka Nicolas Begay

彼女はまだ若いアーティストでありながらも
本来のインディアンジュエリーに対する意味や考えを
とても大切にしており
その素晴らしい考えを守る為に
日本人が買い付けに行っても見つけることの出来ない
とても珍しいアーティストとなっております







【素材】

現代ではインディアンジュエリーに限らず
シルバーアクセサリーの多くは
機械で作られたプレートやパーツを
加工していることが多いですが
彼女の作品はシルバーの塊を溶かすところから
全て手作りのインゴットシルバーとなっております




【デザイン:フレッドハービースタイル】

1800年代のアメリカ開拓時代、
インディアンジュエリーを
お土産として販売しようと考えられましたが
当時から重たくゴツいイメージである
インディアンジュエリーは
一般的なデザインではありませんでした

そこで軽くて華奢にしたシルバーに
ネイティブアメリカンの作品とわかるような
柄やデザインで作られたのが
フレッドハービースタイルのジュエリーです

当時の作品はコレクターも多く
現代でも人気のあるデザインです

そんなフレッドハービースタイルに
影響を受けた彼女のデザインは
インディアンジュエリーを
ファッションとして取り入れたい現代に
今まで無かったことが不思議なくらい
どんな方でも、どんな服装にでも使いやすい
ボリュームでありながら
意味の込められたモチーフが
盛り沢山なデザインとなっています

ひとつずつがモチーフや柄になっているスタンプを
まるで絵画のように綺麗に並べており
その細かさやバランスの良さは
とても手作業とは思えないほどの綺麗さです




【デザイン:ナバホスタイル】

2021年からは本来のインディアンジュエリーらしい
重くてゴツく、様々な石を使用した
ナバホスタイルの作品も製作しています

全て手作りだからこそ
アンティーク作品と並べても劣ることのない味があり
本来のインディアンジュエリーの作り方を大切にしている
彼女の考えがしっかりと作品に現れています




【石やパーツ】
 
ターコイズの値段が上がっている現代では
石の下に詰め物をして薄いターコイズをはめ込み
高さを出している作品や
すでに綺麗にカットされたターコイズと
それに合うターコイズの壁(ベゼル)の
パーツを合わせて作られている作品が多くあります

しかし手作りにこだわっている彼女は
石を使用する時はその石に合わせて
ベゼルも手作りであり、
飾りなどのパーツもインゴットシルバーで
1つずつ手作りをしています




まさに現代のフレッドハービースタイルとも言える作品や
全て手作りの味とあたたかさの伝わるナバホスタイルなど
新たな作品作りに挑戦していく彼女から目が離せません





 

Calendar

2021年2月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28
年中無休(年末年始を除く)

OPEN 11:00~18:00 CLOSE

※臨時休業は赤字で表示
Top